そんなワタシと男の夏休み

皆さんもそれぞに
忙しく過ごされたこの時期
我が家も
来客の日程やら何やらで
行動出来るのは15日だけ・・・
しかも同じ市内とはいえ
墓所4カ所に弾丸墓参!
最後の4カ所目は
初めて訪れる墓所で
・・・美和さんの事前データは
事務所を過ぎて坂があって
池の手前3つ目のお墓!
あっ!
地図書いて貰ったのに
忘れてきちゃった ですとぉ
って そこは
一番規模の大きい墓所で
それだけで・・たどり着けるか?
との不安の中
事務所これ?違う
これが事務所!きっと違う
これなあに? 
それがきっとそれだ!
と進みつつ 
ガードマンが
左折しろと誘導するなか
坂といえば 目の前に前進のみ!
キッパリ誘導を無視して 
前進・・・さらに眼下に
ががーーーっとヒロガル墓所

池ないよ!!と 美和さん
きっと 
あれのことを池といっている
業界用語で 調整池といわれる
周辺の土地からのしみてでる水をうける
池というよりブロック法面の工作物
で 適当に駐車して
これからどう探すと聞くと
池から 3つめだから
探してくる 待っていて
と 駆け出す美和さん
数分後  5つめだった
と 戻ってきた・・・
ラッキーなことに
お参りしたいお墓に
親戚がいたので
目標ポイント発見!!
例によって珍道中系で無事 
4カ所の墓所で7カ所墓参を済ませ
これで 夏は終わったねと
美和さんとふたり
肩の荷をするするするしつつ

この夏休み?盆休み!に
やらかそうと思っていたことが
ササヤカニ 一つ。
。(*v.v)。
我が家の裏 自称 野地には
サクランボの木が あった。
実をつけた頃それに登るのが
生きているぞって!
実感できるひとときだった。
が、色々あって 
先年 伐採されてしまった。
その色々を書き出すと
非難Go-goとなって
収拾がつかなくなる予感がするので
スルーするとして
無念の伐採の時から
わたしには ある企みが芽生えた!
名付けて
 サクランボの木 復活計画
と・・・思いついただけで
二年ほど経過していたのだが
(^0^;)
今年 ムクムクっと心の中で
復活計画が復活!
苗木を買ってくればいいだろうと
イワレテシマウトそれまでなんだけど
それじゃあ 面白くない!
自らの手で 育ててみよう
ということで まずは
 (⌒・⌒)食べました!
で 種を残しておいて
流しで 表面を洗って乾燥

やや ひと月ほど経過・・・
今回は 
高級品 佐藤錦

兄が持ってきた 沢山とれたから
お裾分け・・・という
銘柄不明 されど 採れたてはうまい
地元産
この2種類で 挑戦することに
で、同じサクランボなのに
種というか殻の形が違う! 
殻の厚みも違う
そして 微妙に
種そのものも 形が違う
やっぱり 土着銘柄不明よりも
佐藤錦の方が 上品な印象?
これは 佐藤君の殻の断面

ここで 予め 
同じ事を考えた人はいないのかと
「サクランボ 食べた後
自分で種から育てる」
と 入力して ググって見た所
はい いらっしゃいました!
その人は 殻のまま
殻を一部削る 殻から取り出す
など 色々なパターンを試行
結果 殻から取り出した場合の
発芽率が一番高かったと
書かれていたので
では それに習うことにしようと
って 殻をどうやって割るか?!
梅干しの種くらいの大きさなら
取り出せる道具はあるが
ちと 小さい・・・
熟慮3分 
お道具箱から
一番小さいプライヤーをチョイス
 
中身を裁断しないように
気をつかいつつ
殻を破壊作業開始・
結構馬鹿にならない 程度に
力が必要でありまして
力というか コツをつかむ迄
結構 中身を裁断したり
殻を破壊した勢いで
中身が飛んでいって
発見できない!!なんてことも
多多々・・・なかぁ
頑張りました。
からΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
で、このために 
プラスチック資源ゴミの日に
捨てずに リビングに置いておいた
発泡のケースに水抜きの穴をあけて
美和さんから指導を受けて
野菜用の土と 増し土をブレンドして
準備完了
小さい穴を開けて

ヒトアナに ミッツくらいずつ種をイン

さあ 準備万端!
あとは 育つのを待つバッカリらしい・・・

追伸)先程の方曰く
一年くらい忘れていて
ふと見ると あれ!発芽している!!
なんてことが 書いてあったので
これは 長期戦である。
来年の今頃? 続編がお届け出来れば
なあと・・・思う
今日この頃らしい。
さて このまま終わると
アマリニあまりな 終わりなので
我が家の野地の 住人?など
ご紹介・・・σ(゚ー^*)
根付きのキアゲハ

この地に住んで30年以上
毎年 コイツラと葉物を
奪い合いになるのだけれど
完全に駆除する気にもなれず
長いお付き合い・・・
芋虫姿から変身して

綺麗な姿をしばらく見せたあと
どこかへ飛んでいきましたから!
まあ、そのうち 卵を産みに
戻ってくるんだろうねぇ。
無事 帰ってこいよ!

ということで 長期計画
進行中・・・・。

この記事へのコメント

へるぞう
2019年08月19日 05:07
残暑お見舞い申し上げます。北海道も暑そうですね。
そういえばもう何年来、墓参りをしていません。この炎天下で、三時間以上もクルマに乗って行こうという気力がありません。面倒なので、自分は三河湾にでも散骨して貰うようにしようと思っています。
子供の頃、スイカの種を植えて育てようとしていました。なので、吐き出したスイカの種を取っておいて庭に埋めてみましたが、全然育ちませんでしたね。
こりす
2019年08月19日 05:13
お墓参り4か所って(笑)お疲れさまでした♪でもやり切った感満載だったことでせう(笑)夏!お盆!って感じです♪サクランボの木、根っこは残ってないんですか?周りに木があったら復活もありかも。種から育てると何年で実がなるのかしら?桃栗三年…サクランボもそれくらいだと嬉しいですね♪
2019年08月19日 10:27
こういう挑戦好きだなあ でも殻をむいたほうが発芽率が良くなるというのは?だなあ。自然を考えればおかしいよなあ。鳥に食べられて糞にまぶされて落とされてこそ発芽率が上がるような気がする
ともあれ来年のブログ報告が待ち遠しいですね(^^;;
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月19日 10:50
へるぞうさん

ボチボチ暑いです!
って そちら程でもないので
大きな声じゃ言えませんが
29°予想です。。。。(*v.v)。

近くにあるというのが
強みで・・まあ 年に一度
アリバイ作りみたいな
感じでしょうか。

散骨かぁ・・・
わたしは 樹木葬にすっかなぁ
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月19日 10:51
こりすさん

はい 達成感σ(゚ー^*)
プチっと浸れたりして・・
で、懐かしのサクランボ
完璧に伐採!されまして・・・
悲しかったなぁ
ちなみに 周りの木も
毎年 一つ二つと伐採されて
サクランボが最後だったんですから・・

まあ 子孫に残す!つもりで
チャレンジですから
 (^▽^)
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月19日 10:51
サヤ侍さん

まあ 科学的根拠も
農学的知識もないなか
サクランボは畑違いだけど
実際に農業系の仕事のヒトが
冗談でやらかしたブログを
参考にしましたので
(-。-)y-゜゜゜
 まっ ノンビリ来年を楽しみに
はい (^0^;)
jisei
2019年08月19日 11:32
お盆も終わりました、実家の方に新盆が2つもあったのですがメールで線香あげの代行をお願いしました。情けないことです。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月19日 15:42
jiseiさん
わたしはタマタマ
生まれ育った地に 帰って土着したから
なんですから・・
気は心 想う気持ちが大事なのでは
と 生意気カキコにて候
  (⌒・⌒)ゞ
2019年08月19日 18:26
地元の墓地には誰も入って無いので
墓参りは山口県か福岡県に行かないと事実上出来ないですが
もう何十年も行ってないな。
せいママの実家のお墓は一箇所に集まってるので
一回の墓参りで終わってしまう。
お墓にたどり着く地図が難しくて
大変だけど面白そうです。
2019年08月19日 22:28
サクランボ、楽しみですねえ(*^_^*)
こういう挑戦、大好きです。
グレープフルーツは けっこうな発芽率で、
よく育ちますよ♪
そんで、サクランボは 殻を削るか割るかする
必要があったんですね。
そのまんま植木鉢に埋めたことがあったのだけど、
やっぱり発芽はしませんでした。
アメリカンチェリーはどうなんだろう?
来年、挑戦してみますか(^O^)

2019年08月19日 23:02
こんばんは。
4か所のお墓参り、お疲れさまでした。

さくらんぼの種を見ると、
これを埋めたら育つのかなと思うのですが、
そもそも食べる実の部分は、
種が育つための栄養のためにあるものだから、
そのまま埋めた方が良いのかなと思い、
結局植えずにいます。

でも、さくらんぼの殻を外した方が、
発芽率が良いのですね。
勉強になります。
2019年08月19日 23:36
こんばんは!
4カ所のお墓参り、ご苦労様でした。
サクランボの復活計画は壮大で気の遠くなるような実験ですね。殻を外した方が発芽しやすいのですか?「桃栗3年、柿8年」サクランボは何年?3年位だと嬉しいですね。発芽成功の記事楽しみに待っています。
2019年08月20日 06:10
壮大な計画を考えましたね
種の中身を取り出す作業は
とても地味な作業ですが
無事に種の準備も出来て良かった。
でも一年もかかるんだ・・・
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月20日 13:27
yako3taさん
すっかりコンニチワ
いやいや 年に一度!
どこらっしょ・・ですから?!

言われみれば
実は種の! 確かに確かに

けど。。あの殻を破って?
でるのかなぁ

 まあ 来年分かります!
   (⌒・⌒)
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月20日 13:28
ekoさん

こんにちわ
サクランボ復活計画!
結構 こういう長期戦
(-。-)y-゜゜゜好きですから
って 確かに

 サクランボ なんねん?
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月20日 13:28
せいパパさん

壮大(^▽^)でーす

振り返ったら
ドアの鍵を閉めたかどうか
分からない今日この頃

来年の今頃になったら

あの 薄汚れた発泡?
なんだっけ とか

いっているかも(^0^;)
2019年08月20日 13:57
こんにちは♪
富士山の近く?の有名なお墓。
とにかく広い。
お墓の場所NOが分からないと探せない。
広かった!
レーシングカーの音も聞こえていた。
来年は、さくらんぼ
食べられるかな?
私は、友達から送られてくる♪
2019年08月20日 16:20
おお~
これは長期計画ですね
発芽したとしても
果実を収穫するまでには
かなり根気のいる計画ですね
私の妹が小さい頃に「夏みかん」の種を土に植えたら
芽が出てきて最終的には1mくらいの木になりました
でも外では育たず室内ではそれ以上大きくすることはできなくて
とうとう処分してしまいました
ですからその計画は
気長に待てばできりょうな気がします
頑張ってください
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月20日 23:40
もうヘトヘトさん
\(//∇//)\富士山の麓!強烈に広そうですねぇ
そこには 超遠く及ばないと思うけど
あっちのほう?って 雰囲気だけでは
たどり着けなかったろうなぁ
って 来年は ムリだろうなぁと思う
今日この頃(^ ^)らしいです
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月20日 23:46
おいちゃんさん
伐採したサクランボの木は
我が家に来る前に常盤の遠縁?宅に植えてあった木で
それを普通トラックで🚚引き取って
我が家に植え替えて5年くらいで実をつけだしました
か細かった木が どんどん成長して
ワタシが登ってもビクともしないくらいになるまで
更に五年ほど、、、だった様な
デスカラ想像するに20年くらいかかるかなあと

って そうなると 既にワタシは
木登りできなくなっている可能性
大ダイ ですネェ!
うずら
2019年08月21日 16:41
そちらはお墓一基ごとの区画も広いのでしょうか?
うちの実家の墓地は一区画が狭くて息苦しく感じます。
まぁ入っている人は息していないし、
私は散骨派なので関係無いんですけど。。。
さくらんぼを種からってすごい計画ですね。
さくらんぼ農家さんも苗木から育てるのでは?
もしくは挿し木とか接ぎ木とか… 分からないけど(^^ゞ
2019年08月22日 05:37
子供の頃に住んでたのは
柑橘系の段々畑が並ぶ地だったので
アゲハの幼虫がたくさん居ました。
あの頃は見慣れててたけど
今はあまり好きでは無くなってしまいました。
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月22日 09:01
うずらさん

古い墓地の古い区画は
自由というか バッカみたく広いのや
色々
最近のお墓は 団地的に並んでいます

まあ それなり?っすから・・
 (^▽^)

って 入っている人は息をしていない

 確かに そうだ(^0^;)

 サクランボ復活計画

 実際のところ
 マジメニ育てる場合?
 どうなんでしょうねぇ・・・
└|∵|┐高忠┌|∵|┘
2019年08月22日 09:02
せいパパさん

ここに住みだして
数年後 あれ?
こいつら ひょっとして
代々 我が家より先住民?
そう思い出して幾星霜

きほん 
来る者は拒まず
去る者は追わず
住む物は自然に
  ね(-。-)y-゜゜゜